【一眼記録】支那そば屋へ行ってきた

炭火焼鶏麺 飲食
スポンサーリンク

はじめに

今回は石川県金沢市にあるラーメン屋「支那そば屋」に行ってきました

大学一年生の時から何度か行っていたのですが、あれ?ここ本当にうまいじゃん。となったのは大学院生になってからでした。舌が変わったんでしょうか。

以前に紹介した「らーめん 真太」

らーめん真太に行ってきた
富山で一番うまいと噂の塩ラーメン「真太」について、二度に渡って行ってきましたのでレポートします。ラーメン好きは一度チェックの価値アリです。

も美味しいですが、支那そば屋炭火焼鶏麺も負けず劣らずうまいです。

それから

店内に入り着席、テーブル席が4つ程度とカウンターが15席程度、座敷が3席程度あり店内は余裕があります、混雑して満員という状況に遭遇したことはありません。

そして注文、ここはメニューが木でできた板に挟まれてるんですよね。

支那そばメニュー表
Canon M200 + EF-M 22mm F2

ここに来たら炭火焼鶏麺(塩)をいつも頼みます。メニュー的には醤油の方が大きく掲載されてますが!個人的オススメは断然塩です!

注文して待つ間店内の様子を撮影

支那そば店内1
Canon M200 + EF-M 22mm F2

なんとなくレトロな雰囲気の店内は、中央部が厨房になっていてどの席からでもラーメンを作っているのを見ることができます。

支那そば店内2
Canon M200 + EF-M 22mm F2

座敷の席は正に昭和!という感じです。他にも座敷はありますが掘りごたつはないので足を下ろしたい方はテーブル席かカウンター席ですね。

炭火焼鶏麺
Canon M200 + EF-M 22mm F2

そしてお待ちかねの炭火焼鶏麺(塩)、鉢につけてくれる柚子胡椒をお好みで溶かしていただきます。

塩味のスープに炭火で焼かれた鶏の風味、それに柚子胡椒のピリッとした感じと風味が合わさって破壊的なコンビネーションです。たまらん。

さいごに

今回は学生時代からちょくちょく行っていた支那そば屋を紹介しました。もう一店舗、学生時代に山ほど行ったラーメン屋「神仙」がありますが、最近はめっきり行かなくなりました。(隣の県だしね)

そっちの方は濃厚豚骨醤油でまた個性があるので、紹介したい一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました