富山の日本酒「幻の瀧」はスッキリして誰でも飲みやすい

日本酒(一般) 日記
スポンサーリンク

はじめに

私は結構日本酒が好きな方ですが、恥ずかしながら今まではあまり銘柄にこだわっておらず。その時々で目に留まったものを飲んでいました。

とはいえ好みの傾向はあって、後味スッキリで少し辛め。フルーティすぎない味

そんな私がたまたま友人から飲んでみるといいよと言われた日本酒が「幻の瀧」通称「まぼたき」です。

たじま
たじま

通称「まぼたき」しかと覚えましたぞ。

純米吟醸で約1500円程度、入手性もよくパッケージもカッコいいです。

ちなみに・・・

皇国晴酒造(みくにはれしゅぞう)

と読みます。

それから

やはり富山の酒は冷酒で美味い。ということで冷蔵庫で数時間冷やした上でいただきます。

たじま
たじま

ゴクッ・・・これは・・・。

はる
はる

感想言えや・・・

水みたい。というのが第一印象です。「水のよう」というのは悪い意味ではなく、さらっと入ってきてスッと切れる。そしてほんのり米の旨味があるようなお酒。ということです。私はこの「水のよう」という表現を使いますが、スッキリした。と言ったほうがわかりやすいのかもしれません。
湧き水とか飲むと「水が美味しい」って言うじゃないですか?私の使う「水のよう」な日本酒はそれに似た感覚かもしれません。

本当に飲みやすく、グイグイいけます。私は一度に一合強飲みますが、まぼたきは気付かないうちにいつもより多く飲んでしまいそうになるほど。

今まで富山・石川にいたのに飲んでいなかったなんてもったいなかったなぁ。と思わせてくれる一本でした。

さいごに

今回は地元富山の皇国晴酒造の主力商品「純米吟醸 幻の瀧」を飲みました。これは飲んで後悔ない一本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました