純米吟醸生原酒「FUNKY MABOTAKI 2020」レビュー

MABOTAKI 2020 よもやまとやま
スポンサーリンク

はじめに

今回は立ち寄った酒屋で発見した、その名も「FUNKY MABOTAKI 2020」を飲みました。価格は約1200円。

たじま
たじま

純米吟醸生原酒や!

はる
はる

意味知っとるんかお前

生原酒

火入れも割り水もしていないお酒のこと

日本酒は完成したら、一旦火入れ(加熱殺菌)を行ってから貯蔵。その後貯蔵した酒を濾過して割り水(加水調整)してからもう一度火入れして瓶詰め。

の工程を踏みますが、生原酒は火入れも割り水もしていないお酒のことです。(だから早めに飲むんだね)

それから

おちょこ(にしては大きいけど…)に注ぎます

MABOTAKI 2020
FUNKY MABOTAKI
たじま
たじま

FUNKY、そして黄色い。

生原酒だからか、以前飲んだ幻の瀧や通常の日本酒よりも黄色みが強いです。

香りについてもいい意味での酒臭さがあり、”これぞ生原酒”というところでしょうか。

もう待ちきれないのでいただきます。

たじま
たじま

なんと…FUNKY

はる
はる

日本語で頼む

幻の瀧は以前紹介したとおり辛口系だけどスッキリで、辛すぎない印象でした。

今回のFUNKY MABOTAKIは純米吟醸の幻の瀧のスッキリ後味感は残しつつ、味わいの中間にフルーティさ、甘さを感じることができました。

価格も1200円程度で生原酒が出るのは今の時期なので、見かけたらお試しあれ!

さいごに

最近日本酒の記事を書き始めましたが、日本酒の味ってどう表現したらいいか難しいなーと思いながら手探りしつつ書いています。

まだまだ飲みたい日本酒がわんさかあるので、表現のレパートリーを増やしていかなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました